猫ひとり

d0026694_0513274.jpg


読みました。
劇団ひとり著 「陰日向に咲く」

前評判も良く、
爆笑問題の太田光さんも
〝直木賞取らなきゃおかしい〟と絶賛していて
読んだ友達の評価も良かったので
逆に疑ってしまってた。

噂どおり以前紹介した伊坂幸太郎に影響を受けた文章。
短編集なんだけど繋がる感じね。
それプラス ひとりさんの感性。
私自身、伊坂作品は大好きなのでこの本も抵抗なく読めた。
ってか楽しかった!
涙も少し流してしまった。

ひとりさんは
いろんな物語を背景に想像して
普段コントをしているんだなぁと感じた。

って事は
猫ひろしさんが物語を書いたなら
すっごい面白い作品が書けるんじゃないか!っておもうのさ!
ただ問題は文才があるかどうか
それは一番の問題だぁ…ニャーっ
[PR]
by sol-yoshie | 2006-04-29 01:05 | Favorites
<< 活字中毒 里がえり。 >>